学校行きません。話題の不登校ユーチューバーに思うこと。

ど~も、みことです~

今、不登校ユーチューバーさんすごく話題になってますよね!!!

今回は不登校ユーチューバーさんの発言に対して思うことを書いていきたいと思います。

はじめに言っておきますけど、彼を批判したいとかそういうわけではないので、あくまで私の個人的な意見を書かせていただきます。

不登校ユーチューバーとは?

少年革命家を名乗り「不登校は不幸じゃない!!」と訴えているゆたぼんくん。

ざっと説明すると夏休みの宿題をやらずに学校にいったところ怒られたがやらなかった。

先生から怒られたのが原因で不登校になったらしいのですが…

なんでも、「先生に言われた通りに宿題をこなす周りの生徒がロボットのようにおもえた」と訴えているんですよね。

ほかにもいろいろ動画投稿しているのですが、今回は私の中で印象に残ったこの2つの発言について私なりの考えを書きます。

 

不登校は不幸じゃないのか?

はい、その通りだと思います。

不登校は不幸ではないと私は思います。

私は学校に行くことがすべてではないと思います。

ただ、ここで大事なのは”学校に行かない時間をどう有効活用するか”だと思うんですよね。

無意味な不登校するくらいなら学校行くべきかな~

ゆたぼんくんは学校いかない時間に動画投稿してるので私はいいと思いますよ!!

ちゃんと学校に行って学べることもあれば、不登校になって学べることもあると思います。

ここで俺的ベストアンサー!!!

「小学校不登校なら中学校はちゃんと行っておいたほうがいいんじゃね??」

これです!!どうせなら不登校もちゃんとした学校生活も経験して見るのがベストかな~

周りの生徒がロボットのように思えた。

これについて私は一部共感できます。

現代社会の特徴をピンポイントで突いている気がします。

親の入れ知恵じゃないのにこんなこと思っていたらなかなかの強者では…(笑)

実際、今の日本は義務教育から就職までとの一連の過程をこなせばいい。それさえできればいいと思っている人が多いと思います。

私はこの一連の過程が”子供という新品のハード””現代社会に都合のいいように動くソフトをインストールしている”ように感じることがあります。

一方で、言われた通りに宿題をやっていることだけでロボットと断定するのは違うと思うんですよね。

宿題以外の学校生活で個人を主張することはできる。

宿題こなして学校に行くだけでロボットになる訳ではないんだよな~とは思いました。

 

最後に

ネットのほうには「ゆたぼんくんそのものが親のロボットなんじゃないのか」といった声もあります。

そうだったら胸くそ悪いですね…(笑)

そうではないことを信じて、彼にはこれからもYouTubeの活動を頑張ってほしいと思っています。

長くなりましたけど今日はこんへんで!

それでは皆さん明日のけにーの更新お楽しみに~!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうもけにーです!あるきっかけから副業で稼ぐ術を身につけるべく勉強を始め現在まだまだ修行中。今では自分の趣味や美味しいなと思った食べ物を主に公開しています。若くても稼ぎたい!そんな人を応援します。