俺もユーチューバーみたいにドッキリとかやってみたい。

ど~も、みことです~

めっっっちゃいきなりなんですけどドッキリってやって見たくないですか?

最近、ユーチューバーとか結構奇抜なドッキリやるじゃないですか。

あれ、俺もやってみたいな~って思ったんです。

相方のけにーにとんでもないドッキリを仕掛けてみたい。

もちろん節度をもってやらないとぶっ飛ばされるのは間違いないのですが。。。。

でも、ドッキリをやりたい。

今回はそんなドッキリについて葛藤する記事になります。

しかし、ドッキリに踏み出せないみことであった。

「やりたいならやればいいじゃん。」

おっしゃる通りです。

やればいいんですよ。

でも、なぜ悩んでいるのかというといくつか理由があって、その理由をお話していきます。

相方の怒りの沸点がわからない

なかなかやると決断はできないけど、やると決まったらとことんやっちまう。

それがこの私です。

しかし、度が過ぎると間違いなくぶち切れられます。

相方は普段は温厚なのですが、一度ぷちんとなると誰も手がつけられません。

何度かぷちんとなっている場面に遭遇しているのですが、そのときは第三者がいるので何食わぬ顔でしら~っと逃げてきたのですが、さすがにドッキリを仕掛ける張本人となればそうはいきません。

もし、ドッキリに失敗したらこのブログから私は消されるでしょう。(笑)

最近のネット社会はシビア過ぎる件

次にネックとなっているのが、最近のネット社会がシビア過ぎるということ。

普通過ぎるドッキリでは、注目もされないし、大して面白くもない。

一方でアメリカンな感じのクレイジーなドッキリを仕掛ければ、Twitterのイキリオタ…失礼。

モラルやマナーに厳しい人たちがほぼ確実に絡んでくるのは間違いない。

ある程度常識をもってやる分にはいいと思うのですが、こういう企画ってノリでやり過ぎちゃうこともあると思うんですよね。

炎上商法というのも1つの手段ではありますが、さすがに炎上はしたくないですね。

ブログでドッキリの面白さが伝わるのか

そして最大のネックがこの部分である。

けにーにドッキリをするのはかまわないんです。

その面白さをリアルタイムで見ている自分はもちろん楽しめるだろうが、これをブログで伝えることができるのかということ。

ユーチューバーみたいに動画としてこの企画を投稿することができればいいのだがそうはいかないです。

あくまでブロガーという立場。

うまく文章と写真で表現しなくてはいけません。

そこが難しい。。。

しかしね、面白いものを見つけてしまったんです。

高知に行って、イケダハヤトを落とし穴に落として来た

なんとのイケダハヤトさんを落とし穴にはめるというドッキリ記事があったんです。

この記事を出したのはニシキドアヤトさんです。

おもしろい記事でかなり読み込んでしまいました。

ブログとしてコンテンツを提供しているのに面白さが伝わってくるのはやはり才能なのでしょうか。

俺が思いついたドッキリを評価して欲しい

んで、このブログを読んでくれてるそこのあなたに1つお願いがあります。

私が思いついたドッキリを評価して欲しい。

みことが思いついたドッキリ

けにーが欲しがっていた香水の容器だけを用意し、中身はシュールストレミングの汁とかめっちゃくさい液体を入れておく。

どうでしょうか。

ちなみに私はその場でぶち切れられて社会から抹殺される予感しかしません。。。。

シュールストレミング 300g

新品価格
¥5,000から
(2019/8/6 21:16時点)

まとめ

という訳で今回はドッキリをやってみたいということを語る記事になりました。

ドッキリやりたいですよね?!

めちゃくちゃ、やりたい。

さすがにシュールストレミングとかはやりすぎな気がするので、他になにかいいの思いついたらやってみたいと思います。

それでは、また次回の記事でお会いしましょ~う。ばいばい!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です