マジで焦る電車で落とし物したときの対処法。

ど~も、みことです。

今回は電車で落とし物をしたときの対処法について書いていきたいと思います。

先月に家の鍵と車の鍵をセットで落としました。

いや~、まじで焦りましたね。

結局見つかったんで、まあ良かったんですけど。(笑)

皆さんも電車使う機会はあると思います。

覚えておいて損はないので是非読んでいただければと思います!!!

電車内での落とし物・忘れ物はどうなる?

これは駅員さんに聞いた内容をそのまま書きますね。

基本的に他の乗客に拾われて駅に届けられなければ、終点の駅で駅員に回収されるケースが多いらしいです。

そして回収されたら、落とし物としてサーバーに登録され1~2日間は駅に置かれ、持ち主が現れなければ、管轄の警察署に他の落とし物と一緒に届けられるそうです。

ここで気をつけて欲しいのが、落とし物が送られる警察署は最寄りの警察署とは限らないということ。

私の最寄り駅の場合は6駅離れた全然違う町の警察署に届くらしいです。

警察署まで送られてしまうと遺失物届の提出が必要になったりと手間が増えてしまいます。

なんとしても、警察署に送られる前に回収したいですよね(笑)

真っ先にやるべきことは?

まず、真っ先にやるべきは気がついたら早く駅員に相談すること。

その電車が運行中であれば、次の駅や終点の駅に連絡が入り、探してくれる場合もあるそうです。

もし、気がつくのが遅かった場合、落とした可能性がある路線を全て把握することです。

落とし物は路線ごとに調べることができるので、路線がわからないと見つかりにくくなってしまいます。

できるだけ早く駅員に相談して、自分がどの電車に乗っていたかなどを事細かく伝えることができると見つかる可能性は高くなります。

お問い合わせする・落とし物センターに行く

駅員に伝えたけど、その段階では見つからなかった。

そんなことはよくあります。

実際に落とし物がサーバーに登録されるまでに6時間以上時差がある場合もありますし、当日中には回収されなかったという可能性もあります。

実際、私の鍵も見つかったのは次の日でした。

特に終電が近いと落とし物登録されるのが、次の日の昼頃だったりするんです。

もし当日中に見つからなければ、一度時間を空けてから鉄道会社の落とし物専用の問い合わせ電話窓口に問い合わせたり、大きな駅にある落とし物センターに行ってみるのがいいと思います。

私の場合、落とし物がどこにあるか確認とれたのは、落とし物センターに直接行った時でした。

流れとしては

落とし物が見つかるまで

下車した駅の駅員に助けを求める

見つからず、問い合わせ窓口の電話番号を教わる

翌朝問い合わせるが見つからず

昼頃、大学に行くついでに落とし物センターに立ち寄ったら見つかる

個人的には落とし物センターまで行った方が、対面で対応してくれるのでこちらのほうが安心感がありました。

手間はかかりますがオススメです。

2~3日後とかまではあきらめるな

そして、冒頭で説明した通り、2日間ほどは駅のほうで管理されます。

落とし物として登録されるまでも時差はありますので、2~3日間は根気よく探すことをオススメします。

もし、見つからなければ…

ドンマイです。

まとめ

ということで今回の電車で落とし物・忘れ物をしたときの対処法まとめます。

まとめ

1.すぐに駅員に相談

2.少し時間空けてから捜索再開

3.落とし物センターのほうが安心感あり

4.2~3日後くらいまではあきらめちゃダメ!!!

という感じです。

まあ一番いいのは落とし物や忘れ物をしないことなんですけど、もしこういうことがあったら是非参考にしてみてください!!!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。ばいび~

あ、よかったらはてブしてね!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です